解体工事をする時に知っておきたいこととは

解体工事の流れを知ること

住宅の解体工事をする場合には、どのような流れになるかですが、まず、解体工事業者を選ぶところから始めます。工事業者を選ぶ時には、できるだけリフォーム業者などを通さずに行ったほうが費用を安くすることは可能になります。

業者選びが終わったら、工事業者と打ち合わせを行います。この時解体工事の期間を聞いておくことが大事です。もし、住宅を再建築する場合には、一時的に賃貸住宅を借りたり、荷物をコンテナボックスに預ける必要がありますが、この時に解体期間がわからなければ、どれくらいの期間預けたらいいのかがわからないからです。

あいさつ回りも重要になります。挨拶をする時には、周辺の住宅を回りますが、この時粗品でもいいので渡すことが必要になります。最近は業者の方でも挨拶周りをしてくれるところが増えています。

工事中の注意点とはなにか

工事中の注意点は、振動やほこり、音です。近所に迷惑をかけてしまうとしたらその三つになるでしょう。粉塵を飛ばさないためには水を撒くことが大事ですが、自分が撒くわけにはいかないので、その点を徹底して行ってくれる業者を選ぶ必要があります。また、最近は振動があまりない機械を利用している業者があります。これによって近所迷惑を最小限にとどめることができますので、そういった最新の機械を導入している業者を選んでみてもよいでしょう。

後は、細かいことも決めておきましょう。例えば庭の木を伐採してほしくない場合は、その旨しっかり伝えることです。そうでないと伐採されてしまう可能性もあり、後の祭りになってしまいます。

中古の建機のオークションは、備品の建機も出品されることがあるので、良い品を格安で手に入れることができます。