実はエンジニアは苦労している?!EMC試験

そもそもEMC試験って何?

EMC試験には、エミッション試験とイミニティー試験が行われます。電化製品を販売するためには、この試験に合格する必要があり、日夜エンジニアたちは苦労しています。エミッション試験とは、電化製品から放射される妨害電波の大きさを測定する試験です。あらかじめ決められた数値以下に抑える必要があります。対して、イミニティー試験とは妨害電波を電化製品に与えて誤動作を起こさないかどうかを試す試験です。どちらの試験も、工業用と家庭用の2種類の規格があり、家庭用の方が厳しい規格となっています。

EMC試験はどこで測定するの?

EMC試験は外部からの電波を遮断するために、電波暗室と呼ばれる、電波が全く入ってこない特殊な部屋にて行われます。このような電波暗室は、EMC試験を行う専門の業者にあります。電機メーカーによっては、自社にて電波暗室を持っていることもあります。

EMC試験の対策方法は?

EMC試験にはエミッション試験とイミニティー試験がありますが、エミッション対策を行うとイミニティー対策にもなるといわれています。これは、電気機器の中のプリント基板やケーブルなどがアンテナとなって、不要な電波を輻射してしまったり、逆に受け取ってしまったりするからです。EMC試験の対策方法としては、プリント基板やケーブルなどがアンテナにならないように工夫することが必要です。その一貫として取られる手法がグランドの強化です。また、一般的に輻射するのは高周波成分ですので、信号の高周波成分を取り除くためにフィルタリングを行うこともあります。それでも輻射してしまう場合は、シールド板などをチリ付ける手法が用いられます。

EMC試験は、パソコンやスマートフォンなどが発するノイズの量を測定するテストのことです。対象の電子機器によりその測定方法は異なります。