仕事の効率を上げたい!CAD採用のメリット

設計者の負担を大幅に削減

手書きで製図を行うということは非常に時間がかかるものであり、設計者の負担ともなっていました。しかし、CADシステムを導入すれば、コンピューター画面上で簡単に作業を進めることができます。

同じ形の繰り返しでも、一つずつ線を引くことがありません。コピー機能を利用してどんどん重ねることができ、以前のデータを利用してバリエーションを増やすこともできます。時間を短縮できるので多くのスタッフを用意することもなく、急なお客さんからのオーダーにも迅速に対応することができます。

その他のスタッフの作業も削減できる

CADの導入は、設計者にとって時間短縮ができて効率を上げることができるというメリットがあります。その他の事務作業などを行っているスタッフからしてみれば、高額なCADを導入してもらってうらやましく感じるかもしれません。しかし、CADはその他の作業スタッフにも大きなメリットがあります。

CADシステムでは、設計とともにその他の機能も搭載されています。設計書に合わせて部品の発注を行うという事務スタッフであれば、コンピューターでつなげることによって自分のデスクで製図のチェックをし、発注作業を進めることができます。その見積書はCADシステムにも入っているので、同じ画面上で処理することができます。

また、CADデータはそのままCAMデータとして利用ができます。手書きの製図を行ったものをコンピューターで取り込む作業もないので、すぐに裁断作業に入って部品を生産ラインに乗せることができます。

CADの導入は、全てのスタッフの作業の効率を上げることにつながるので、結果的に企業の業績アップにもつなげることができます。

電気CADとは、建物内や機械の回路設計をコンピュータ上で行うものです。これまで手作業で行っていたものを、大幅に効率化することが可能です。電気工事用には、原価計算の機能などまで行えるものまでもあります。