ネームタグにはどんな種類がある?どのような使い方に向いているのか

ネームタグは自作できるのか

自分でネームタグを作るには、平織りのコットンテープを購入し、水で落ちにくい布用のインクを用意して、文字やイラストが入ったスタンプを押すのが最も簡単な方法です。製図紙とチャコペーパーやカーボン紙を使い、図案を写して刺繍する方法もあります。フリーマーケット等にハンドメイド品を出したり、子供の持ち物に付けるのであれば十分ですが、オリジナルデザインや凝ったネームタグ、衣料品等の洗濯表示タグとして付けるのであれば、業者に依頼するのをお勧めします。最寄りにネームタグ製造の会社がなければ、インターネットでの発注も可能です。独自のデザインの入稿もネット上でできることがほとんどです。

安価に凝ったネームタグを作りたいなら

比較的安くて、デザインや細かい柄に凝るのであれば、プリントタグがいいでしょう。白や生成りのコットンテープやポリエステルの生地に、印刷して加工します。テープであれば1ロール分プリントするのも可能ですので、大量に必要な場合も対処できます。時間もかからずに多色刷りや小さくて細かいデザインのネームタグも、綺麗に仕上がります。

丈夫で色落ちをしにくくするなら刺繍タグ

丈夫で、洗濯しても退色しにくいネームタグがいいのなら刺繍タグがおすすめです。刺繍と言っても、直接縫い付けるのではなく、縦糸と横糸を織って文字や模様を浮き出させた物です。生地に光沢がある朱子織と光沢がない平織があります。高級感があって丈夫で長持ちし、色落ちもしにくい特徴があります。作成するまでに時間がかかるため、日数に余裕を持つようにするといいでしょう。

初対面の人達同士の集まりの場合、いちいち名刺交換をしても名前は覚えられないものです。ネームタグがあれば、気軽に話しかけやすいです。