なぜ有名人は本名以外の名前で活動するのか?

本名が読みにくかったりイメージと合わない

有名人には本名以外の名前で活動している人が少なくありません。俳優であれば芸名、作家であればペンネームをつけるわけです。では、なぜ彼らは本名を使わないのでしょうか。まず、アイドル歌手や俳優の場合、どのような名前で芸能活動を行うのかという判断は基本的に所属事務所が来ます。事務所がポイントにするのは、名前が覚えやすいか、容姿のイメージと合っているかといったものです。たとえば、ふりがなをつけないと読めないような名前の場合、覚えてくれる人が少なくなってしまいます。名前を売ることが大事な新人タレントにとって、名前が覚えにくいのは活動の障害になります。なので、読みやすく、覚えやすい芸名をつけて売り出すのです。また、容姿端麗なのに本名があまりにも平凡という場合は、一般の人に違和感をもたれてしまいます。そのため、容姿とのバランスを取った芸名をつけてあげるわけです。

作家であることを周囲の人に知られたくない

では、作家がペンネームをつけるのはなぜでしょうか。作家の場合、どういう名前で活動するのかはすべて自分が決められます。なので、大抵の場合、ペンネームを決めるのは作家自身です。なぜ本名で活動しないのかは人によって理由が違いますが、よく挙げられる理由として、ペンネームの方が気恥ずかしくないというものがあります。作家は文章という形で公に自分の内面をさらけ出す職業ですが、本名でそれをやると恥ずかしいのでペンネームをつけるというわけです。また、作家として活動していることをあまり周囲の人に知られたくないので、ペンネームをつけるという人もいます。作家は基本的に顔は出ないので、本名さえ隠せれば、友人、知人にも作家であることを知られずに済みます。

山本英俊は偉大な人物です。上場企業の会長でありながら、競馬界においての馬主としても幅広く名をはせています。