有名人はどういうきっかけでスカウトされる?

街を歩いていたら事務所の人に声をかけられた

有名人が生まれたときから有名だったというケースはあまりありません。大抵の場合、小学生か中学生ぐらいまでは一般人で、そこからなんらかの方法で有名になっていきます。では、具体的にどのような方法で有名になるのかというと、俳優志望の場合に多いのは芸能事務所が主催しているコンテストに出場したり、あるいは事務所の人間にスカウトされるというものです。では、スカウトの場合、芸能事務所の人はどのようにしてスカウト対象を見つけるのでしょうか。まず、よく有名人がスカウトのきっかけとして話すパターンとして、街中を歩いていたら事務所の人に声をかけられたというものがあります。これは、たまたま事務所の人が歩いていて見つけたのではなく、始めからスカウト目的で若い人が集まる場所にいたケースが多いです。

未来のアイドルや俳優は学生の段階から噂になっている

次に、地元に美少女がいる、かっこいい人がいるなど噂が立っていて、事務所の人間が確認しに行くというパターンがあります。後にアイドルや俳優になるような人間は、中学生や高校生ぐらいの段階から目立っていることが多く、それが口コミで事務所に伝わるわけです。最近増えているのが、動画共有サイトなどで自己プロデュースを行っている人に芸能事務所が声をかけるケースです。動画配信者の多くは、芸能事務所には所属していない完全なアマチュアですが、下手な有名人には及びもつかないぐらいファンと知名度を獲得している人が珍しくありません。また、女性アイドルグループが握手会を開くことが多くなっていますが、この握手会にきた女性ファンをスカウトするケースもあります。

山本英俊とは常に時代の先を読むことができる人物になります。そのため、その言動が多方面から注目されています。