スマートフォンの開発に役立っている「リバブレーションチャンバー」

スマートフォンの開発には欠かせない存在

従来の携帯電話やスマートフォンなどは無線の技術を使ってデータなどのやり取りを行っているのですが、「リバブレーションチャンバー」はスマートフォンや従来の携帯電話に使われる無線機用のテスターと同時に使用することによって無線アンテナなどの性能を評価することができるので、「リバブレーションチャンバー」を利用することによってスマートフォンなどの性能を把握したり品質の高い製品を作ることが可能です。スマートフォン以外でも無線を利用した端末が多くなってきているので、開発段階においてさまざまな検査や検証などが必要となってきており、「リバブレーションチャンバー」を使うことによって多種多様な無線用機器におけるいろいろな検査を行うことができ製品を評価するにおいてその重要度は高くなってきています。

小型化が進んでいる「リバブレーションチャンバー」

以前「リバブレーションチャンバー」は大掛かりな設備が必要で費用もかかることから、大手企業が中心になって開発し中小企業などはなかなか手が出せない業界でしたが、最近では「リバブレーションチャンバー」は高性能を維持しながら除々に小型化されている傾向があり、さまざまなメーカーが参入し普通のオフィスでも無線用アンテナの検査が可能になっています。製造するためのコストが低下しており、以前よりも安価で購入することができるようになりました。無線用機器は多様化しており無線技術自体が以前よりもかなり発達してきているので、スムーズに効率良く検査や検証するために今後も「リバブレーションチャンバー」は活用されその需要は高まっていくことでしょう。

リバブレーションチャンバーとは、無線アンテナの性能評価に用いられる、再現性のある実反射環境を作り出す機器です。